刃物のように鋭利な視線が、アキラを真っ直ぐに捕える。
静かな、けれど恐ろしい程の威圧――その時にはもう、完全に射竦められていた。
>>